【決算SALE】カールスバード ブルーオニオン (Carlsbad Blue Onion) ECO プレート 19cm
631317

1,480円(税込)

購入数

生産国 チェコ共和国
ボヘミア西部の都市“カルロヴィ・ヴァリ” (Česká republika / Karlovy Vary)
素材 磁器(Porcelain)
サイズ 直径 19.5cm
ブランドボックス 6個単位の購入で付属します。
商品につきまして 陶磁器の製法上、光にかざして見える程度の傷、突起、ざらつき、濃淡、黒い点が混じる場合がございますが不良商品ではございません。
上記理由の返品交換は承ることが出来ませんので、予めご了承くださいませ。
イメージ画像の食器以外の装飾品、カトラリー等はディスプレイ用です。
商品に付属いたしませんので予めご了承いただきますようお願い申しあげます。

ブルーオニオンのパターンをほどいたECOシリーズ

ECOシリーズは、世界三大ブルーオニオンと呼ばれる、カールスバードブルーオニオンのパターンをほどき、シンプルに表現したシリーズ。
オリエンタルな異国情緒はそのままに、一本の茎として再構築されたブルーオニオン柄のしなやかな曲線がより優雅に感じられます。
パターンがワンポイントになったことで余白の美しさを感じられるシリーズです。

チェコ産の良質な磁土

カールスバードは、チェコのボヘミア地方 “カルロヴィ・ヴァリ地域”(ドイツ語読みでカールスバート)で生まれた磁器ブランドです。
この地域特有の良質な磁土により、多くの会社が合併、買収、倒産を繰り返していました。

その中でも、ドゥビー社が会社設立から21年後の1885年に、カールスバード・ブルーオニオンを製造します。
のちに、ドゥビー社のブルーオニオンはボヘミア最古の世界3大ブルーオニオンと称され、多くの名声を築きました。

世界三大ブルーオニオン

カールスバードのブルーオニオンは、マイセン、フッチェンロイターに並ぶ、世界三大ブルーオニオンの一つとして有名です。
深く鮮やかな濃紺が称賛されています。

ざくろを知らなかったドイツ人により、 玉ネギと間違えたことからつけられた名前が “ブルーオニオン”であると伝えられています。
青い玉ネギという名前には、貴族達の東洋磁器に対する強い憧憬が表われています。