ロイヤルコペンハーゲン ブルーパルメッテ コーヒーカップ&ソーサー 240ml 2-500-074【Winter*Sale】
011705

6,336円(税込)

定価 7,700円(税込)

購入数

生産国 タイ王国(The Kingdom of Thailand)
素材 磁器 (Porcelain)
商品仕様 電子レンジ、食器洗浄乾燥機対応
サイズ <カップ> 口直径 8.2cm / 高さ 7cm / 容量 240ml <ソーサー> 直径 14cm / 高さ 2.4cm
ブランドボックス 付属しております
商品につきまして バックスタンプ、質感は製造年代により異なる場合がございます。
陶磁器の製法上ピンホール(針穴のような凹み)、 濃淡差、スタンプの滲み、糸尻の欠け、色とび、黒点、 多少の線傷、突起、ざらつき、がある場合がございますが不良商品ではございません。
上記理由の返品交換は承ることが出来ませんので、予めご了承くださいませ。

西洋とアジアの食文化

ブルーパルメッテは2004年に誕生したロングセラーシリーズ。
料理を大皿から取り分けるアジアの食文化をイメージしてデザインされ、 機能的で和洋折衷の料理に調和する完成された器です。
絵柄はブルーフルーテッドのモチーフがアレンジされていて、 ヤシ科のシュロという植物と、ロイヤルコペンハーゲンを代表する ブルーフルーテッドの絵柄が異彩を放つ逸品です。
ブルーパルメッテシリーズのプレート等の縁取りの地模様には、 ブランドロゴにも使用されているジュリアン マリー皇太后(1729-96)が デザインした三本の波がレリーフされています。
この三本波はによってデザインされた、 三本の波はデンマークにある3つの海峡を表現したものです。

1775年創業の陶磁器ブランド

ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)は、デンマークの1775年創業の陶磁器ブランド。
その歴史は、ボーンホルム島で良質のカオリンが発見された事に始まり、 1773年フランツ・ヘンリック・ミュラーがデンマークで 初の硬質磁器を完成させました。
1775年にクリスチャン7世国王とユリアナ・マリア王太后の援助により “ロイヤルコペンハーゲン王室御用達窯”の輝かしい歴史が始まります。
さらに1779年、ユリアナ・マリア王太后がマイセンより技術者を集め、 民間企業だったこの窯は王室が株を買い占め、 王立デンマーク磁器製陶所となりました。
1868年、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に、 窯の株式を大商人のブラックに売却し、民間企業となり現在に続きます。
イヤープレートはギフトとして不動の人気を誇り、 フローラダニカ(Flora Danica)シリーズは、 デンマークの公式晩餐会で使用される世界最高峰の器としても有名です。

刻印に込められた意味

ロイヤルコペンハーゲン商品のバックスタンプは 王冠と三本の鮮かなプルーの波型ラインで構成され、 3本の波線はデンマークを囲む3つの海峡を表現し、 上部には王室御用達を意味する王冠が輝きます。